矯正歯科

ワイヤーとブラケットで歯並びを整えます

矯正歯科治療は子どもが受けるイメージが強いかもしれません。実際には、成長期の子どものころから受けることもありますが、大人になってからでも歯並びを整えられます。歯や歯ぐきが健康ならば矯正治療に年齢制限はないのです。

ワイヤーとブラケットで歯並びを整えます

歯並びが整うと、見た目が自然できれいになるだけでなく、お口まわりの健康、さらに全身の健康にもつながりますので、歯並びや咬み合わせが気になる方はお気軽に福岡市東区香椎・千早地区の歯医者でJR香椎駅・西鉄香椎駅から徒歩3分の「まこと歯科・矯正歯科」にご相談ください。

こちらでは大人の矯正治療についてのご説明とともに、悪い歯並びをご覧いただきます。そして「矯正治療」というと思い浮かべられることが多い、ワイヤーとブラケットを使った治療についてご説明します。

大人になってから矯正治療を受ける方が増えています

大人になってから矯正治療を受ける方が増えています

子どもの矯正治療では顎の成長を利用して、上下の顎のバランスを整えながら将来的に歯がきれいに並ぶスペースを確保します。大人はすでに成長が止まっていますので、歯をきれいにならべるだけに集中できるところが、子どもと大人の矯正治療の異なる点です。

歯並びが整うと、口元がきれいになり笑顔に自信が生まれます。人前で話すことにも、食べることにもコンプレックスを感じないで済むのです。そしてほとんどの方が、その目的のためにご来院になります。

しかし、矯正歯科治療でもたらされるのは、見た目の美しさだけではありません。咬み合わせを整えると、お口の中の自浄作用がはたらきやすくなり、むし歯や歯周病にもかかりにくくなります。しっかり咬めるようになるので胃腸の負担も減ります。そして舌の動く範囲も広がり、発音もクリアになるのです。

大人の矯正治療はいつからでも開始可能です

歯を動かすことに集中する大人の矯正治療は、歯と歯ぐきが健康ならばいつでもはじめられます。顎の成長を考慮しないので治療計画も立てやすいメリットもあります。矯正治療を思い立ったときが開始のタイミングです。

大人の矯正歯科のメリット
  • 歯を動かすことに集中できるので治療プランが立てやすい
  • 治療装置の特徴やメリット・デメリットをふまえて患者様が選択できる
  • 患者様ご自身で治療に取り組む決心をするので、治療効率が高い
安心して治療を受けられる歯科医院を選びましょう

矯正治療は、これまでの歯並びを大きく変えるうえ、治療期間が長く、治療費用も比較的高額です。そのため、安心して通える歯科医院を選ぶことが大切です。歯科医師の免許があればだれでも矯正治療ができますが、専門性の高い分野ですので、咬み合わせや顎関節症などにも精通した矯正歯科を専門に行う歯科医師に頼むことをおすすめします。

咬み合わせや歯並びが悪いままだとさまざまなトラブルが心配です

乱れた歯並びや悪い咬み合わせが引き起こすトラブル
見た目が悪い

口元の見た目が気になると、深刻なコンプレックスの原因になるかもしれません。顔貌のバランスも心配です。またお口まわりだけでなく全身の骨格のバランスにも悪影響を与えることもあります。

むし歯や歯周病にかかりやすい

お口の自浄作用がはたらきにくいうえ、歯ブラシが届きにくい部位があると汚れが残りやすく、むし歯や歯周病の発症や進行のリスクが高まります。

歯ぐきが下がりやすい

咬み合わせが悪く一部の歯に負担がかかると歯ぐきにも影響します。また歯が顎から飛び出しやすい位置にあると歯ぐきが下がりやすくなります。

歯の寿命を縮めやすい

一部の歯に負担がかかると歯の寿命を縮めてしまうリスクを負います。そして一部の歯を失うと全体のバランスまでくずれてしまいがちです。

顎関節症のリスクが増える

咬み合わせが悪いと、歯や顎関節に過度の負担がかかります。口を開けると痛みを感じたり、口が大きく開かなくなったりすることがあります。

のどの炎症につながる

口が閉じにくいと口腔内が乾燥し、細菌が繁殖しやすくなります。それが喉の炎症にもつながり、風邪などの感染症にもかかりやすくなります。

歯並びがさらに悪化する

歯の位置を決める頬や舌の筋肉のバランスが悪いままなので、歯並びがさらに悪くなる可能性があります。

矯正治療のメリット
むし歯や歯周病にかかりにくくなる

歯並びや咬み合わせが改善すると、お口の自浄作用がはたらきやすくなるうえ、ブラッシングもしやすくなり、汚れが落ちやすく、むし歯や歯周病のリスクを低く抑えられます。

歯が長もちする

咬み合わせがよくなると、お口全体のバランスが整い、咬む力が全体に分散されて一部の歯に過度の負担がかからないので、歯が長もちしやすくなります。

被せものがつくりやすい

歯がきれいに並んでいるとむし歯などの治療がしやすく、となりの歯と接する被せものもつくりやすく、装着しやすいメリットがあります。

顎関節への負担が減る

顎関節への過度の負担がかからないので、炎症のリスクを減らせます。

身体のバランスや健康に影響する

咬み合わせのバランスは全身のバランスにも影響します。また歯と歯ぐきをつなぐクッションの役目がある歯根膜は自律神経とつながっています。そのため、咬み合わせの改善が不定愁訴の軽減につながる可能性があるのです。

歯並びと咬み合わせは似ていますが同じではありません

歯が並んでいる状態が「歯並び」です。そして美しい歯並びとは、前歯から奥歯まで左右対称に並んだ状態です。そのとき上下の歯の位置関係は、2~3mmほど上の歯が下の歯を外側から覆っています。

よい咬み合わせとは、食べものを咀嚼する際にバランスが整っていることです。咀嚼の際には顎は複雑な動きをしますが、どの歯にも過度の負担がかからないのがよい咬み合わせですので、すこし歯並びが悪くてもバランスがよければ、咬み合わせに問題はありません。

いろいろな歯並び

理想の歯並びとは異なる「悪い歯並び(不正咬合)」はさまざまな種類に分けられます。ご自分の歯と似ていませんか?

※表は左右にスクロールして確認することができます。

上顎前突
(じょうがくぜんとつ)
下顎前突
(かがくぜんとつ)
開咬
(かいこう)
上顎前突(じょうがくぜんとつ) 下顎前突(かがくぜんとつ) 開咬(かいこう)
「出っ歯」といわれる歯並びで、上の前歯が大きく前に突き出していたり、上の歯列全体もしくは上顎が大きく前に出ていたりする状態です。 「受け口」ともいわれ、「反対咬合」ともいいます。下の歯、または下の顎が大きく前に出ている状態です。 「オープンバイト」とも呼ばれ、奥歯が咬み合ったとき、上下の歯の一部にすき間ができ、咬み合わない状態です。
交叉咬合
(こうさこうごう)
叢生
(そうせい)
過蓋咬合
(かがいこうごう)
交叉咬合(こうさこうごう) 叢生(そうせい) 過蓋咬合(かがいこうごう)
上下の歯並びが、一部分ずれて交叉している状態です。奥歯でものをすりつぶしにくいうえ、前歯の中心がずれて、顔がゆがむ恐れがあります。 歯の生える向きや位置が悪く、デコボコに並び、重なり合うこともあり汚れがたまりやすい状態です。「八重歯」もこの一種です。 下の歯が見えないくらいに上の歯が深く覆い被さっている状態です。歯ぐきを傷つけやすく、ものを咬みづらく、発音にも影響することがあります。

矯正メニュー

唇側(表側)矯正

唇側(表側)矯正

ポピュラーな矯正装置で、歯の表側にブラケットと呼ばれる装置をつけて、そこにワイヤーを通して弱い力を継続的にかけて歯を理想の位置に動かします。ほとんどの症例に対応します。

舌側(裏側)矯正

舌側(裏側)矯正

歯の裏側にブラケットとワイヤーを装着する方法です。表から見えないので、治療に気づかれないのが特徴です。職業上、目立つ装置ができない方、矯正治療をしていることをまわりの人に知られたくない方、出ている前歯を整えたい方、結婚式などの大切なイベントが控えている方におすすめです。

マウスピースを使った矯正装置

マウスピースを使った矯正装置

当院では、マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン※)に対応しています。取り外し可能で、透明で薄いマウスピースを使って歯を理想の位置に動かすシステムです。マウスピースを2週間ほど装着したあと、少し形の異なる次のマウスピースに取り替えて、歯を少しずつ動かします。

装着していてもほとんど目立ちません。そして飲食の際には取り外せますのでなんでも好きなものが食べられます。

※「完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります」

PICK UP! 目立たない矯正治療が選ばれています

矯正装置のイメージは唇側(表側)装置です。とくにメタル素材を選ぶと、やはり目立ってしまいます。目立つ歯並びを治したいのに、その治療が目立ってしまうのでは、治療を諦めてもおかしくありません。しかし、歯並びや咬み合わせが整うとさまざまなメリットがありますので、おすすめしたいのが目立ちにくい矯正装置の舌側(裏側)矯正システムです。目立つ治療をためらっていらっしゃる方は一度ご相談ください。

治療期間の目安

矯正の治療期間は、個別の症例によって大きく異なります。こちらはあくまで目安です。ご自分の症例だとどの程度の期間になるのかを知りたい方は、無料カウンセリングにておたずねください。

成人矯正(永久歯列期 11歳以降)
抜歯しないケース
装置を装着して歯を動かす期間 1~2年
後戻りを防ぎ、新しい歯並びを維持する保定期間 2年

抜歯するケース

装置を装着して歯を動かす期間 2~3年
後戻りを防ぎ、新しい歯並びを維持する保定期間 2年

矯正治療の流れ

1:無料カウンセリング

歯並びが気になる方は無料カウンセリングをご利用ください。お電話(092-692-2963)もしくはご予約ページからお気軽にご予約をお願いします。治療方法や治療期間、費用の目安などをご説明しますので、気になることはなんでも遠慮なくおたずねください。目立たない矯正装置を含めてさまざまなシステムに対応可能です。矯正治療を担当するのは、日本舌側矯正歯科学会も所属する日本矯正歯科学会認定医です。

2:精密検査

矯正治療の診断には精密検査が欠かせません。お口の中の診察のあとは、レントゲン撮影、CT撮影、口腔内撮影そして歯の型取りなど、矯正治療に必要なデータを収集いたします。

3:治療計画のご説明

精密検査の結果をもとに治療計画を立てます。そしてわかりやすいように丁寧にご説明いたします。その際には、正確な費用や治療期間を含めてご提示いたします。

4:治療開始

治療計画に同意していただけましたら治療開始です。治療計画に沿って、装置の装着や必要な処置を行います。装置の調整や通院期間はお口の状態によって異なりますので、歯科医師の指示に従ってご来院ください。

5:歯の移動完了・保定装置装着

歯が理想の位置に移動しましたら、装着していた装置を外します。そして矯正治療で移動させた歯が元の位置に戻るのを防ぐために保定期間に入ります。リテーナーという着脱式の保定装置をつけて歯の位置が安定するのを待つ期間です。この期間も、数ヶ月ごとに歯科医師のチェックを受けてください。

6:治療完了・メインテナンス

保定期間を経て、歯が新しい位置に安定すれば治療完了です。そのまま歯並びやお口の健康を維持するため、3~6ヶ月ごとに定期検診でのメインテナンスにご来院ください。

症例はこちら

矯正治療Q&A

Q悪い歯並びは治さないといけませんか?
A日本歯科医師会では80歳の時点で20本の歯を残そうという“8020運動”を推奨しています。そして実際に80歳で20本以上の歯が残っている方は、比較的歯並びも咬み合わせもよいことがわかっています。これは健康的な歯並びと咬み合わせがお口全体の健康につながるからです。悪い歯並びを整えることがお口まわり、さらには全身の健康につながり、年齢を重ねても生活の質が落ちにくいと考えると、歯並びを整えることをおすすめします。
Q矯正治療をはじめるのはいつがいいですか?

Aお口の状態により異なりますが、一般的にいわれているのは“永久歯の前歯が生えたころ”とか“大人の歯が生えそろったころ”です。

悪い咬み合わせによって顎の成長方向がずれているときには、乳児の時期でも治療を開始することがありますし、しばらく様子を見ることもあります。どの時期にはじめるのがいいのかは、お口の状態によりますので、気になる方はまず一度、矯正臨床医に相談してみましょう。

Q矯正治療中は痛みますか?
A痛みの感覚は一人ひとり異なるとはいえ、残念ながら、まったくの無痛ではありません。しかし、ほとんどの場合、耐えられない痛みではありませんし、いつも痛いわけでもありません。矯正治療の痛みは、歯を動かすために力が加わったときに生まれ、歯が動くときにも感じやすいので、痛みがあったとしても2~3日で弱まり、だんだんと気にならなくなります。