審美治療・ホワイトニング

  • ホーム
  • 審美治療・ホワイトニング

口元の美しさのためのさまざまな処置です

白い歯やきれいな形、整った歯並びは口元の美しさを左右します。第一印象にも大きな影響を与え、美しい口元はさわやかな印象にもつながります。

口元の美しさのためのさまざまな処置です

以前のむし歯治療で入れた目立つ銀歯が入っていたり、歯が黄ばんでいたりして、笑顔に自信が持てない方はいらっしゃいませんか? 気になる方はご相談ください。セラミックなどの白くて美しい素材を中心に、歯の機能回復とともに口元の美しさの両立をはかることができます。正式な歯科診療項目ではありませんが、わかりやすく「審美治療」といわれている方法です。

福岡市東区香椎・千早地区の歯医者でJR香椎駅・西鉄香椎駅から徒歩3分の「まこと歯科・矯正歯科」では、お口まわりだけでなく心身の健康につながる「審美治療」や、ホワイトニングにも対応していますのでお気軽にご相談ください。

より機能的にそしてより美しく

より機能的にそしてより美しく

審美治療というと、歯の見た目をきれいにするための処置と思われがちですが、歯科で行う以上、機能的でなければなりません。自然な歯に似たセラミック素材を中心に作製するので天然歯のような色調や透明感の再現ができるとともに、生体親和性が高いのが特徴です。金属を使用しなければ金属アレルギーの心配がないうえ、セラミックの表面はなめらかで汚れがつきにくいため、むし歯や歯周病のリスクを抑えられるのもメリットです。

セラミック治療は自費診療なので費用負担が大きいというデメリットがありますが、長い目で見て、お口まわりの健康につながり、さらに自然な美しさを得られるとすれば高いとはいえないかもしれません。

セラミックやジルコニアを使うことが審美治療ではありません

歯の形や色をきれいにして、口元との調和をはかるのが審美治療の目的の1つです。白い歯はもちろん、健康的な歯ぐき、唇とのバランスなどさまざまな要素が含まれます。天然歯に似ている素材のセラミックやジルコニアを使えばいいわけではありません。

一般歯科と審美治療の違い

一般歯科でむし歯治療を行い、詰めものや被せものを装着するときは、機能回復がおもな目的です。とくに保険診療での治療は、口元の美しさや自然な見た目にはそれほど重点を置きません。いっぽう、審美治療では、歯をきれいに美しくするとともに歯ぐきや唇とのバランス、とくに笑顔になったときの口元の美しさを高めます。気になる口元のコンプレックスを解消し、機能回復だけでなく、口元に自信をもち、笑顔になれて、人との会話や会食を楽しめるようにまで導くのです。

審美治療がもたらすメリット
  • 歯を白く美しい形にできる
  • 歯の機能回復ができる
  • 口元に自信が持てて積極性が増す など

詰めもの・被せものについて

詰めもの・被せものについて

小さなむし歯の治療や、歯が小さく欠けたときは詰めもので補います。比較的大きなむし歯や歯の内部の神経にまで汚染がおよんだ重度のむし歯の治療には被せものを装着します。

詰めもの(インレー) 被せもの(クラウン)

【保険診療】

  • 金属のメタルインレー
  • コンポジットレジン充填

【保険診療】

  • 硬質レジンジャケット冠
  • CAD/CAM冠(小臼歯)
  • 銀歯(金属冠)

【自費診療(審美治療)】

  • セラミックインレー
  • ハイブリットインレー
  • ゴールドインレー

【自費診療(審美治療)】

  • メタルボンド(陶材焼付鋳造冠)
  • ジルコニアセラミッククラウン
  • ゴールドクラウン
詰めもの(インレー)

【保険診療】

  • 金属のメタルインレー
  • コンポジットレジン充填

【自費診療(審美治療)】

  • セラミックインレー
  • ハイブリットインレー
  • ゴールドインレー
被せもの(クラウン)

【保険診療】

  • 硬質レジンジャケット冠
  • CAD/CAM冠(小臼歯)
  • 銀歯(金属冠)

【自費診療(審美治療)】

  • メタルボンド(陶材焼付鋳造冠)
  • ジルコニアセラミッククラウン
  • ゴールドクラウン

歯の詰めもの・被せものが外れたときは

歯の詰めもの・被せものが外れたときは

以前治療した歯の人工物が取れたときには、できるだけ早く歯科医院に行きましょう。外れた詰めものや被せものをお持ちいただくと、治療期間が短くなることもありますので、捨てずにお持ちください。

取れたまま放置してはいけません

人工歯が外れたということは、詰めたり被せたりした歯の弱い部分がむき出しになっている状態です。そのままにしておくと、むし歯にかかりやすく、また咬み合わせにも悪影響を与えるかもしれません。痛みがないときも、できるだけ早く治療を受けましょう。

歯科材料なしに応急処置はできません

人工歯を装着するときには、歯と人工歯の間に唾液や細菌が入らないように細心の注意を払わなければなりません。そのため、治療器具や材料を使って歯科医院で行うのです。なかにはご自分で詰めものを装着しようとする方がいらっしゃいますが、それでは治療が複雑になり、歯へのダメージが増え、治療費もかさみますので、まずは歯科医院へ行きましょう。

歯医者さんに行くまでの注意点
  • ブラッシングを丁寧にしましょう
  • 取れた部分でなるべく咬まないようにしましょう。とくに硬いものは避けてください
  • 冷たいものや熱いものも控えましょう
  • 外れた詰めものや被せものは大切に保管して、治療の際に持参してください

審美歯科メニュー

審美歯科メニュー

「審美歯科」は正式な診療科目ではありませんが、機能回復と健康的な美しさを両立させる施術として一般的によく使われていて、さまざまな処置が含まれます。それはセラミック素材中心の詰めものや被せもの、「歯のクリーニング」や「ホワイトニング」、そして「歯ぐきのクリーニング」などです。

歯のクリーニング「PMTC」

歯のクリーニング「PMTC」

専用機器を用いた歯のクリーニングです。口腔ケアのプロフェッショナルが、毎日のブラッシングでは落としきれない歯と歯の間、歯と歯ぐきの溝などにたまった歯垢(プラーク)や歯石を徹底的に除去します。そして、仕上げに歯面をツルツルにみがいて、汚れをつきにくくします。むし歯や歯周病の予防に有効で、軽度の着色の除去や口臭予防にもつながります。

ホワイトニング

ホワイトニング

いつの間にか黄ばんでしまった歯を薬剤で白くする方法です。コーヒーや紅茶、たばこのヤニなどによって、歯にはだんだんと色素が付着します。また年齢を重ねると、エナメル質の奥にある象牙質の黄色味が濃くなるので、黄ばんで見えやすくなります。ホワイトニングには、「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」があり、両方の併用もおすすめです。

セラミッククラウンとインレー(オールセラミック)

セラミッククラウンとインレー(オールセラミック)

むし歯治療で、失った歯を補うための人工歯をセラミックでつくります。詰めものをインレーといい、被せものをクラウンといいます。セラミックには天然歯に近い色調や透明感があるので、見た目が美しいうえ、金属を使用しないので金属アレルギーの心配がありません。表面がなめらかなので汚れがつきにくく、むし歯や歯周病のリスクも小さめです。

ジルコニアクラウン

ジルコニアクラウン

強度が高いジルコニアを使ったセラミック製のクラウンです。咬む力が強い部位や歯ぎしりをする方にも使えます。内部だけにジルコニアを使い、上部は歯の色の色調を細かく再現しやすいセラミックを使うこともあります。金属アレルギーや歯ぐきが黒ずむ心配がありません。

メタルボンド

メタルボンド

内面に金属のフレームをつくり、その上にセラミックを焼きつけてつくるクラウンです。金属を使うので耐久性が高く、奥歯にも使用可能ですが、メタルフリーではないので金属アレルギーが心配です。歯の色調や美しさはオールセラミックには劣りますが、保険診療のクラウンよりは美しく仕上がります。

ラミネートベニア

ラミネートベニア

前歯の表面を薄く削り、そこに薄いシェル状のセラミックの板を貼りつける処置です。ホワイトニングでは効果が得られない歯を白くできるとともに、前歯の形を美しく整えられます。前歯に狭いすき間があるときにもその改善が可能です。薄くとはいえ健康な歯質を削らなければならず、前歯しか美しくできませんが、クラウンを装着するよりも歯を削る量を抑えられます。

歯ぐきのクリーニング

歯ぐきのクリーニング

歯ぐきの色素沈着や黒ずみが気になる方の施術です。歯ぐきは加齢や紫外線、たばこのヤニなどによりメラニン色素が沈着して黒ずみます。そこにレーザー光を照射して、健康的なピンク色の歯ぐきを取り戻すのです。歯ぐきのホワイトニングは「ガムピーリング」とも呼ばれ、薬剤を使う方法もあります。

素材の種類

オールセラミック オールセラミック
種類 インレー、クラウン
耐久性 ★★★★★
美しさ ★★★★★
適応性 ★★★★
特徴 全体がセラミックなので透明感があり美しく、汚れが付着しにくく、変色の心配もありません。
ゴールド ゴールド
種類 インレー、クラウン
耐久性 ★★★★★
美しさ
適応性 ★★★
特徴 比較的金属アレルギーのリスクが低い貴金属のゴールドがおもな素材です。強度が高く、適合性が高いので、歯になじみやすくむし歯が再発しにくいのが特徴です。
メタルボンド メタルボンド
種類 クラウン
耐久性 ★★★
美しさ ★★★
適応性 ★★★★
特徴 金属製のフレームにセラミックを焼きつけた被せものです。強度が高いのでほとんどの部位に使用できます。
保険診療 保険診療
種類 インレー、クラウン
耐久性 ★★★
美しさ
適応性 ★★
特徴 いわゆる銀歯です。金属なので強度が高く奥歯にも使用可能です。目立ちやすいとはいえ、比較的かんたんに機能回復ができるうえ、治療費用を一部負担するだけなので比較的安価です。

Pick UP! 健康のためにもメタルフリー治療をおすすめします

本来お口の中には金属はありません。そして、保険診療のむし歯治療で使用される金属は、経年により劣化し、金属が溶け出し、体内に吸収されると、全身に金属アレルギーの症状を引き起こす可能性があります。

歯の機能回復をはかる人工歯はずっと長く使うものです。見た目を自然にするだけでなく、金属アレルギーのリスクを負わないためにも、メタルフリー治療をおすすめします。お気軽にご相談ください。

症例はこちら

あなたの歯を白くするのが「ホワイトニング」です

「“白い歯には憧れる”とはいえ、歯を削ってまで白くしたくない」と思っていませんか? 福岡市東区香椎・千早地区の歯医者でJR香椎駅・西鉄香椎駅から徒歩3分の「まこと歯科・矯正歯科」では、天然歯を薬剤で白くする「ホワイトニング」にも対応しています。

美意識が高い方の間で、「ホワイトニング」を受ける方が増えています。白い歯を手に入れて、笑顔に自信を取り戻しませんか? お気軽にご相談ください。

詰めもの・被せものを入れた方の多くがホワイトニングを希望されています

詰めもの・被せものを入れた方の多くがホワイトニングを希望されています

黄ばんだ歯を薬剤で白くする「ホワイトニング」は、歯に沈着した色素を薬剤で分解して歯の明度を上げる方法です。白さの効果には個人差がありますが、むし歯や歯周病にかかっていない健康な歯を白くします。

「ホワイトニング」を希望されるのは、美意識が高い方だけでなく、詰めものや被せものを入れた方です。それは、お口まわりのケアや美しさの意識が高まり、残っている天然歯もきれいにしたいと思われるからのようです。

こんな方におすすめです
  • 歯の黄ばみが気になる方
  • 毎日ブラッシングしていても歯の色が気になる方
  • 歯が部分的に黒ずんでいる方
  • 喫煙習慣があり、ヤニで歯が黄ばんでいる方 など
歯の黄ばみや変色の原因
1:飲食物

色の濃い飲食物の色は歯に沈着します。みがき残しがあると着色しやすくなります。

2:加齢

エナメル質の内側にある象牙質はもともと黄色味を帯びていますが、年齢とともに色が濃くなります。

3:歯のみがきすぎ

ブラッシングをしすぎてエナメル質が薄くなると、象牙質の黄色が濃く見えるようになります。

4:むし歯

ごく初期段階のむし歯の「脱灰」のときは白濁しますが、さらに悪化すると茶色から茶褐色に変化していきます。

5:詰めもの・被せもの(人工歯)

金属製の人工歯が経年により歯の色に影響することがあります。とくに神経を失った歯は黒ずみます。

6:薬剤

テトラサイクリンなどの抗生物質の服用によって、本人やお腹の赤ちゃんの歯が黄ばむことがあります。

ホワイトニングメニュー

ホワイトニングメニュー

歯のホワイトニングには、「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」があり、両方の併用する「デュアルホワイトニング」もおすすめです。

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングです。歯面に専用のホワイトニング剤を塗布して、専用のライトを照射してホワイトニング効果を促進させます。シリカ(ガラス質)の細かい粒子が歯の表面に吸着して光沢がでます。

くり返しの施術で、歯が白くツルツルになるだけでなく、歯質強化も期待できる施術です。白さの効果には個人差がありますが、通常3~5回のご来院で理想の歯の白さになります。

ホームホワイトニング

ご自宅で行っていただくホワイトニングです。まず、歯科医院で歯にフィットするマウストレーを作製します。そこに、お渡しする低濃度の薬剤を注入し、毎日一定時間装着してください。ご自分のペースで好きなときに行えます。即効性はありませんが、オフィスホワイトニングよりも通院回数が少ないのもメリットです。マウストレーが合わなくならないかぎり、薬剤を追加購入すればホワイトニングを続けられます。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングには即効性があります。1回の施術で白さを実感でき、数回受けると理想の白さを手に入れられますが、色の戻りが早めなのがデメリットです。いっぽう、ホームホワイトニングは、徐々に歯を白くしていくので、即効性はありませんが、白さが長もちします。そのため、オフィスホワイトニングを受けてからホームホワイトニングを続けると、即効性と持続性の両方のメリットを得られます。

ホワイトニングの流れ

オフィスホワイトニングの流れ
STEP1:カウンセリング

まずお話をうかがい、お口の中の写真を撮影し、現在の歯の色と理想の歯の白さを確認します。

STEP2:歯のクリーニング

歯科医院での専門的な歯のクリーニングで、すみずみまで汚れを落とします。

STEP3:ホワイトニング剤の塗布

歯ぐきを保護剤でカバーしてから、歯にホワイトニング剤を塗布します。

STEP4:レーザー照射

特殊な光を当てて、ホワイトニング効果を促進させます。

STEP5:歯のトリートメント

ホワイトニング剤を除去したら専用ペーストで歯面をみがきます。数回の施術で理想の歯の白さを手に入れられます。

ホームホワイトニングの流れ
STEP1:カウンセリング

オフィスホワイトニングと同じように、お話をうかがい、口腔内写真を撮影し、現在と理想の歯の白さを確認します。

STEP2:歯のクリーニング

歯科医院で歯のクリーニングを行い、すみずみまで汚れを落とします。

STEP3:マウストレーの作製

歯型を採取してお口に合う専用のマウストレーをつくります。

STEP4:ご自宅での施術

ご自宅でブラッシングをしてから、マウストレーにホワイトニング剤を注入し、毎日一定時間装着します。

STEP5:薬剤の除去

一定時間が過ぎたあと、マウストレーを外してホワイトニング剤を落とします。STEP4とSTEP5を毎日続けて歯を白くしていきます。

PICK UP!オフィスホワイトニングのポイント

ホワイトニングの白さの効果には個人差があります。一般的には、オフィスホワイトニングの効果は、3年間持続するといわれています。ただし、色の濃い飲食物を好まれる方、喫煙習慣がある方、ブラッシングがうまくできない方などは、色の再付着を起こしやすいので、定期的な歯のクリーニングや、さらなるホワイトニングがおすすめです。

症例はこちら

審美・ホワイトニングQ&A

Q銀歯は白くなりますか?
A銀歯などの人工歯の色を変えることはできません。銀歯をはずして、セラミックの歯などの白くて違和感のない人工歯を被せ直してください。
Q神経を取ったら変色したのですが?
A神経を取ると内部が死んで歯への栄養が届かないので象牙質が徐々に変色します。白くするには、ホワイトニングやセラミック治療を行います。
Qホワイトニングは安全ですか?
Aホワイトニング剤の安全性は、ADA(アメリカ歯科医師会)、FDA(アメリカ政府食品医薬品局)でも認められています。また、アメリカでは1000万人以上の人が使用しているという実績があります。使用の際は、歯科医や歯科衛生士の指示を守ることも大切です。