メニュー

JR香椎駅・西鉄香椎駅から徒歩3分「まこと歯科・矯正歯科」が小児歯科について紹介します。

小児矯正・小児歯科
~子どもの口の中が心配~

福岡市東区JR香椎駅・西鉄香椎駅から徒歩3分「まこと歯科・矯正歯科」 TOP > 小児矯正・小児歯科~子どもの口の中が心配~
  • tel:092-692-2963
  • WEB予約
  • アクセスマップを見る

小児矯正(こどもの歯並び)について

子どもの矯正

小児矯正とは、一般的に乳歯がある状態で行う矯正のことです。矯正治療は大人になってからでも可能ですが、子どものうちにはじめることで、発達を正しい方向に促してあげることができます。お子様の状態によって、治療に適した時期は異なります。乱れた歯並びや噛み合わせを放置していると、お口の健康や全身の成長に悪影響を与える恐れもあるので、気になる点があれば早めに歯科医院を受診しましょう。

子どもの矯正で行うこと
歯のためによい習慣を身につけるための指導
乳歯の虫歯は永久歯の歯並びにも影響するので、正しいブラッシングの方法をお教えします。また、歯並びに悪影響を及ぼすクセ(指しゃぶり、爪噛み、頬杖など)をやめるよう指導します。
骨格の正しい成長を促す
下の前歯が上の前歯より前に出ている反対咬合や、下顎の左右どちらかへのズレなどをそのままにしていると、顎の骨が間違った方向に発達して骨格的な問題を抱えてしまうことがあります。早い段階でこれらのズレを修正することで、正しい骨格の形成を促します。
永久歯が生えるスペースを確保
現代人の食生活は柔らかい食べものが中心で噛む回数が少ないため、顎が小さい子どもが増えています。さらに近年の子どもは歯が大きくなる傾向にあり、永久歯がきれいに並ぶには顎のスペースが足りません。また、虫歯で本来抜けるべき時期より早く抜けた乳歯の位置に別の歯がずれてきて、永久歯が生えてこられないケースもあります。
そのため、歯列を広げたり、ずれた歯をもとの位置に動かしたり、抜けた歯のスペースを確保したりすることで、永久歯のためのスペースを確保します。
負担の少ない装置の使用
矯正装置がお子様にとって精神的負担にならぬよう、負担の少ない装置を使用します。

当院の小児矯正(こどもの歯並び)の種類

プレート矯正

床矯正ともいわれる矯正方法で、一般的に成長期のお子様の治療に用います。取り外しが可能な装置を毎日一定時間装着することで顎の骨の成長を促し、歯を移動させます。

ムーシールド

反対咬合(はんたいこうごう、受け口)の治療に使用する透明のマウスピースで、3歳から使用できます。口もとの筋肉のバランスを整え、舌を正しい位置に導きます。

唇側矯正

最も一般的な治療法で、小児矯正の場合でも使用することがあります。歯の表面にブラケットという小型の装置を取りつけ、ワイヤーによって力をかけて歯を移動させます。金属製のブラケットやワイヤーに比べ、目立ちにくい色の装置もご用意しています。

費用(税別)

乳歯列期矯正治療(乳歯のみの乳幼児期)
初診相談 0円
精密検査・診断 30,000円
基本料金 30,000円~
毎回処置料 3,000~5,000円
総額 ※スタート時期によって金額が変動します。
お問合わせください。
第1期矯正治療(乳歯と永久歯の混在する時期)
初診相談 0円
精密検査・診断 30,000円
基本料金 300,000円
毎回処置料 3,000~5,000円
総額 350,000円~
第2期矯正治療(当院で第1期治療終了後、成人矯正が必要な場合)
初診相談 0円
精密検査・診断 30,000円
基本料金 成人矯正の基本料金から第1期の基本料金を
引いた金額となります。
毎回処置料 0円
総額 お問合わせください。

健やかな成長を助けるために~小児歯科~

小児歯科とは、お子様の歯を守ることを目的とした歯科の診療科目です。食べものを噛み砕き、効率的な栄養の摂取を助ける歯は、成長過程にあるお子様にとって大切なもの。乳歯や生えたばかりの永久歯は虫歯になりやすく、一度虫歯になると進行しやすいので、ご両親が責任を持ってしっかりと守ってあげましょう。

乳歯の虫歯は永久歯の虫歯につながったり、歯並びが乱れたりする原因となることもあるので、「生え替わる歯だから」などと軽視してはいけません。福岡市東区JR香椎駅・西鉄香椎駅から徒歩3分の「まこと歯科・矯正歯科」では、虫歯の治療はもちろん、虫歯の予防や正しい歯並びを実現するためのサポートなど、お子様の将来を見すえた処置にも力を入れています。

虫歯は遺伝する病気ではなく、感染症です

「私に虫歯が多いから、子どもにも虫歯が多いのでしょうか」。時折りそういった質問を受けることがありますが、虫歯は遺伝する病気ではなく、細菌による感染症です。生まれたての赤ちゃんは虫歯菌を持っていませんが、日常生活の中でご両親をはじめとする周囲の大人から感染(母子感染)し、やがてお口の中に細菌が定着していきます。虫歯菌に一度感染すると、基本的に生涯お口の中から消えることはありません。

スプーンやコップといった食器の共有や、キスなどのスキンシップで唾液を介して感染するので、赤ちゃんには専用の食器だけを使わせてあげましょう。ご家族が正しいお手入れや歯科治療、歯科医院でのクリーニングによって口腔内環境を改善し、お子様が生まれる前から虫歯菌を減らしておくことも大切です。

スムーズな通院のために

残念ながら歯科医院が苦手なお子様は多く、その苦手意識が通院の妨げになっていることもあります。しかし、ご両親のちょっとした接し方によって、お子様の意識がかわることも少なくありません。スムーズな通院のために、次のような5つのポイントを意識してみましょう。

ポイント1:「歯医者さん」を脅しに使わない
「悪いことすると歯医者さんに連れていくよ!」などといわれれば、お子様は「歯医者さんって恐いところだ」と思い込んでしまいます。歯医者さんを脅しや罰に利用することはやめましょう。
ポイント2:嘘をつかない
お子様は大人に嘘をつかれたことを、よく覚えています。「痛くない」「診てもらうだけ」などという嘘はつかないでください。ご両親や歯科医院への不信感の原因となります。
ポイント3:事前に伝える
急に歯科医院に連れていくと、「騙された」とショックを受けて余計に泣いてしまうことがあります。お子様にも心の準備が必要なので、歯科医院を受診するときは事前に伝えましょう。
ポイント4:ご両親がリラックス
お子様を心配するあまり緊張する親御様もいますが、大好きなご両親の緊張はお子様にも伝わります。できるだけ肩の力を抜き、リラックスした笑顔を見せてあげましょう。
ポイント5:たくさん褒める
治療後は少し大げさなくらいに、たくさん褒めてあげましょう。お子様に自信がつき、次の受診につながります。

小児歯科診療メニュー

フッ素塗布

フッ素を歯の表面に塗ると、歯質を強化し、虫歯菌の出す酸に対しても溶けにくい歯になります。また、ミネラルの沈着を助けて再石灰化を促すので、ごく初期の虫歯が治る可能性もあります。効果を維持するため、定期的に処置を受けましょう。

シーラント

奥歯の細かい溝に汚れが入り込むと、ブラッシングで取りのぞけず、虫歯の原因となることがあります。その溝に汚れが入り込まないよう、あらかじめレジン(歯科用プラスチック)でふさぐ処置です。徐々にすり減るので、やはり定期的な処置がおすすめです。

ブラッシング指導

適したブラッシングの方法は、お子様の歯並びやお口の中の状態によってかわってきます。当院では一人ひとりに合ったみがき方を丁寧に指導し、親御さんには仕上げみがきの方法をお教えします。

  • お子様の健やかな成長のためにまこと歯科・矯正歯科のご予約はこちら
  • 歯周病のリスクについて
  • 矯正治療の費用と流れ

診療内容

  • 歯科タウン
  • スタッフ募集
  • 24時間受付中

Copyright © Makoto dental Orthodontic treatment All Rights Res