福岡市東区JR香椎駅・西鉄香椎駅から徒歩3分の歯医者「まこと歯科・矯正歯科」の医院コラムです。

伝言板 

  • tel:092-692-2963
  • WEB予約
  • アクセスマップを見る

根管治療(歯の根に出来る病気の治療) ラバーダム防湿

皆さん、こんにちは。まこと歯科・矯正歯科院長木村誠です。

今日は、朝から晴れ間ものぞきよいお天気です。今日の通勤は、電車でしたが、私の乗っている電車の一本前の電車が一つ前の駅で車両点検の為ストップし、いつもより15分も遅れて香椎に着いたのでギリギリセーフという感じでした。結局私の電車が一つ先の駅に到着した時でも車両点検していたのでその電車の乗客の方はもっと大変だったでしょうね。

今日は、昨日のブログでも書きましたが、歯の根っこの病気に関する勉強会に参加してきます。

私は、大学を卒業し大学に研修医として大学に2年間在籍していました。所属していた科は旧第2保存科現在の歯内治療科というところです。主に歯の根っこにできる病気を治したり、虫歯治療、ホワイトニング等を専門とするところです。

お口の中の病気の殆どはお口の中にある細菌が原因で起きる病気です。歯の根っこに出来る病気は、主に2つに分かれます。

①大きな虫歯ができ、ズキズキしたような痛みが出た時に行う神経を取り除く治療

②神経を取った歯などに細菌が歯の中に侵入することで根っこの先に病変をつくる病気の治療

①の成功率が100%であれば、②は殆どなくなります。一応世界的には①の成功率は90%程度と言われていますが、わが国日本では、そういう感じではないようです。年間の治療本数としては、①の本数と②の本数は殆ど一緒です。つまり日本の歯科治療においては、おそらく90%ではありません。

まこと歯科・矯正歯科では、成功率をあげる為の取り組みを行っております。

①う蝕検知液(虫歯の範囲をしっかり把握できるくすり)を使用し確実な虫歯除去を行う。

②状況により、ラバーダム防湿等を行い、唾液が歯の中に入っていかないような工夫をしながら治療をする。

③治療後は、しっかりとした被せ物を作り、修復する。

今挙げた3つは、どれも大事ですが、特に②が一番大事であると考えております。お口の中には物凄い数の細菌(種類も多数)がいます。勿論唾液の中にも存在しており、治療中に歯の中に侵入してしまうことで、根っこの病気を引き起こしてしまうのです。

アメリカを始めとする欧米では、この治療を専門にする歯科医院が存在します(日本にも関東を中心に少しずつ増えています。)。つまり虫歯治療等の一般的な治療はせずに、歯の根っこの治療のみを行う歯科医院があるのです。そこでは、このラバーダム防湿は絶対使用されます。一方日本では、ラバーダム防湿下で治療する病院は、かなり少ないと言ってよいでしょう。その訳としては、ラバーダム防湿は患者さんが嫌がることもしばしばありますし、一回の治療時間も長くなりやすいので、どうしても敬遠されてしまうのです。

ただ、このラバーダム防湿ですが、この日本でも頻繁に使用されている科があります。それは小児歯科です。小児歯科では虫歯の治療は勿論、フッ素を塗布する時でさえ使用するところもあります。

唾液は、お口の中を綺麗にする自浄作用・抗菌作用を有するといわれておりますが、こと治療中においては、治りを邪魔してしまうことさえあります。この唾液を排除するためにラバーダム防湿はあるのです。このラバーダム防湿は唾液の排除以外にも色々良いことがあります。例えば子供の治療中などは、予期せぬ動きをしてしまった時に、治療するはの周りの歯や歯茎や粘膜に傷をつくることから守ってくれます。

このように日本では、まだまだ馴染みの少ないラバーダムですが、非常に利用価値は高いと思います。

まこと歯科・矯正歯科では、同意の得られた患者さんにこのラバーダム防湿をなるべく使用する努力をしております。またラバーダム防湿以外でも唾液の侵入をある程度防ぐことができる装置ZOO(以前にもこのブログで紹介しました。)なども併用しながら、なるべく再発の少ない治療を目指して日々診療しております。

このラバーダム防湿やZOOを使用しての治療をご希望の方は、治療前にお気軽にお尋ねください。

今日の最後は、欧米の歯科事情をお伝えします。日本で根っこの治療を受ける際に皆さんがお支払いになる料金は、トータル5000円を超えることは殆どないと思いますが、欧米では、一本当たり5万円~10数万円するところもあるくらいです。そういうこともあって欧米の方は歯を大切にする文化が根付いています。日本もこれから将来保険制度が変わった場合、欧米並みに費用負担をしなければならない時代も来るかも知れません。今日は歯の根っこの治療に関してある程度詳しく書きましたが、やはり一番費用もかからず、しかも再発を考えなくてすむ方法は、大きな虫歯を作らないという事です。つまり治療にお金を使うのではなく、予防に投資していく発想をとる方が人生トータルでみた場合必ず得をするのです。

まだまだ日本では、病気の治療に費用がかかっているのが現状です。それを歯科から変えていけるようまこと歯科・矯正歯科はこれからも予防に取り組んでいきたいとおもいます。

 

 

 

根管治療(歯の根に出来る病気の治療) ラバーダム防湿

  • 歯周病のリスクについて
  • 矯正治療の費用と流れ

診療内容

  • 歯科タウン
  • スタッフ募集
  • 24時間受付中

Copyright © Makoto dental Orthodontic treatment All Rights Res