福岡市東区JR香椎駅・西鉄香椎駅から徒歩3分の歯医者「まこと歯科・矯正歯科」の医院コラムです。

伝言板 

  • tel:092-692-2963
  • WEB予約
  • アクセスマップを見る

まこと歯科・矯正歯科の取り組み②

皆さん、こんにちは。まこと歯科・矯正歯科院長木村誠です。

今日も朝から気持ちの良いお天気です。三連休の方にはお出かけ日和ですね。数年前までは、この時期京都に紅葉を見に行ってました。何回行っても飽きることはありません。今年は家族でシルバーウィークに京都に行けたので満足しています。いつかまたこの時期にいけるよう頑張りたいです。

今日も昨日の記事に引き続き、まこと歯科・矯正歯科の取り組みを御紹介します。昨日は治療に入る前までのことを書きましたので、今日は実際どういう風に治療をしていくかについて書きたいと思います。

ここでも大事になってくるのが、歯科の病気は殆ど予防である程度防ぐことが出来るということです。つまり歯磨きを中心としたセルフケアの重要性を説明していくことから始めていきます。当院に来院された患者さんの殆どに、歯の汚れを示す染色液を歯に塗ってどういうところに汚れが残っているかをより視覚的に確認して貰う取り組みをやっています。皆さん、小学校の時等に赤く染めたことありませんか?磨き残しには、個人の癖などがありますから、それを知って意識して磨くだけでも必ずお口の中の環境は改善していきます。

先日大分の勉強会で歯周病では全国的にも有名な先生が御講演されているときに、言われていた印象深い言葉を御紹介します。

『私は、患者さんに歯磨き指導するときは、歯ブラシを歯周病治療器具と思って歯を磨くよう指導します。』

お口の中を治すのは、患者さん自身です。私たちはその補助をするに過ぎないと考えております。

このように当院では、なるべくしっかりとした治療をすることは勿論のことその後に再発しないように予防していくという考えをもって日々診療しております。

ここから実際の治療に関する内容を書きたいのですが、その前に当院の設備に関してご紹介いたします。当院を開業する際に導入した機械類に関して説明していきます。主なものとして以下に記述します。

①歯科用CT(三次元のレントゲン) ②拡大鏡(歯を拡大してみる眼鏡) ③口腔内カメラ(治療前後の状態をみることが出来ます) ④高速滅菌機 

①インプラント治療や親知らずと神経との位置関係の把握に使用するのは勿論のこと、当院のCTは顎関節まで撮影できますので顎関節の状態をみたり、最近では根っこの治療にも使用できるなど用途は様々です。CTを導入したのは、より正確に・より安全な医療をできるだけ提供できるようにするためです。

②拡大鏡と聞いてもなかなかイメージつかない方も多いと思います。テレビ番組の手術のシーンに、外科医の先生が時々目につけているものと言ったら少しは理解できるかも知れません。歯は大体大きくても1㎝程度です。歯を削る量を最小限にするには、やはり歯の細部までみる道具は必ず必要になります。当院ではレンズメーカーでは世界的にも有名なカールツァイス社製の4倍に拡大できるものをしようしています。開業と同時に導入しましたが、導入前と導入後では精密度がかなり変わりました。今は拡大鏡なしの診療はできないようになってしましました。

③口腔内カメラは主に治療前の状態と治療後の状態の変化をより視覚的に見てもらう為に導入しました。これを導入したきっかけは、これを導入する以前は、手鏡で見てもらったりしていましたが、それでは上の奥歯等は正直見えません。患者さんの歯科医院に対するイメージで上位に挙げられるのが怖いというイメージです。その一つの原因としては、口の中で何をされているのかが分からないからだと思います。実際口の中で行われた治療を視覚的に確認できるのは患者さんに安心を与えることができます。

④滅菌器は、歯科医療ではなくてはならない機械です。虫歯や歯周病はお口の中にいる細菌が原因で起こる病気です。要するに感染症の一種です。人から人に移さないようにしなければなりません。当院の滅菌器は従来の滅菌器の性能はそのままにより短時間で滅菌消毒できます。

まこと歯科・矯正歯科は高々誕生して一年です。色々成長していかなければならないことがたくさんあります。そのなかでもより安心して来院して貰えるような歯科医院作りをしていくことを最重要課題としてこれからも頑張っていきたいと思います。

まこと歯科・矯正歯科の取り組み②

  • 歯周病のリスクについて
  • 矯正治療の費用と流れ

診療内容

  • 歯科タウン
  • スタッフ募集
  • 24時間受付中

Copyright © Makoto dental Orthodontic treatment All Rights Res